【AOCL topic】渋谷に一夜限りのランボルギーニ一色のクラブ現る!

2018年10月23日、世界初のスーパーSUV 「ランボルギーニ・ウルス」の日本でのデリバリー開始を祝し、「Lamborghini Night」が渋谷のhotel koé tokyo で初開催。その模様を潜入レポート。

渋カジでコーディネートしていた世代も、いまや40代。DCブランドが全盛期だったころ、渋谷パルコといえばお洒落に敏感な若者で溢れていたものです。

その渋谷パルコの在りし日の建物はもうありません。

パルコPart2は、ホテル併設型ファッションブランド旗艦店「hotel koé tokyo」に。そのhotel koé tokyoで、アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパン初となる音楽イベント「Lamborghini Night」が開催されました。

第1部は、ランボルギーニオーナーとメディアだけのクローズドイベント。そして第2部では一般も入場可能はオープンイベントという2部制で行われました。

第1部オープンの19:30には、すでに入場を待つ人の列が渋谷公園通りにできておりました。パーティに入場するための長蛇の列も、バブル世代なら懐かしいイベントのひとつだったりします。

ようやく会場に入ってシャンパンを頂きながら、シークレットゲストの登場を待ちます。

photo by Automobil Lamborghini Japan

登場したのは、平原綾香さん。

自身もトークで「どうして私がランボルギーニのイベントで?」と話されていたように、これまでのランボルギーニのブランドイメージ(というかオーナーのイメージ)とはちょっと違う人選でした。

そこはあえて、アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは狙ったとのこと。

平原綾香さんは2曲披露。そのうち1曲は、デビュー曲でもある「Jupiter」。
おもわずうるうるしたのか、目頭をおさえる人も。

スペシャルライブのあとは、料理とワイン、シャンパンなどを嗜みながらの歓談。

肝心の展示車両は、もちろんウルスとウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーの2台。

21:30からは一般の人も入場してのパーティ。こちらはhotel koé tokyo プロデュースによる豪華な顔ぶれのDJによるクラブタイム。

photo by Automobile Lamborghini Japan

バックオーダーを抱えているウルス。ランボルギーニは、既存のカスタマーはもとより新規カスタマーを獲得すべく、今後もいろいろなプロモーションを仕掛けてくるでしょう。

 

【photos & text】

西山嘉彦

 

LAMBORGHINI LIFE編集長
GarageLife副編集長
日本旅行作家協会会員
大学卒業後、ドキュメンタリー映像の助監督を経て出版業界へ。某建築雑誌の版元で編集技術をマスターし、縁あってクルマ系雑誌編集部のある版元へ移籍したのが運の尽き。以来、カメラ雑誌、グラビア誌、BMW専門誌など自分の興味あることを中心に雑誌を立ち上げる。その後、幾つかの月刊誌、スーパーカー専門誌の編集長を務める。現在はガレージ系雑誌などの編集などに携わっている。
●ブログ
ART LIFE MAG. エディター・ニシヤマの徒然なるブログ

【関連雑誌紹介】

唯一のガレージ専門誌。

 

●GarageLife077
【主なコンテンツ】
特集:新世代型賃貸ガレージ特集
ガレージ人間模様:クレイジーケンバンド 横山剣さん

実例10件